4.未練

あら、この間はどうも。助かったわ。




撩が行きつけのバーの扉を開けると、カウンターに見知った顔があった。
もう少しで日付が変わるかどうかといった頃合いに彼女を見掛けるのは、久し振りだ。
夜の深い時間でさえ彼女のメイクは一切崩れることもなく、濃密で新鮮なゲランの薫りを纏っている。
まるで武装だ、隙がない。
撩の行きつけに槇村が現れるようになって、いつの間にかコンビを組んだ。
この店に初めて野上冴子を連れて来たのは、槇村秀幸だった。

元相棒だ。

槇村がそう言って撩に冴子を紹介すると、
冴子は“現相棒”を値踏みするかのように挑戦的な視線を撩に寄越した。
撩は撩で、槇村がわざわざ2人を引き合わせる意図が読めないので警戒した。
そんな尖った場の空気も物ともせず、槇村は飄々と酒を頼んでいつもの席に腰を降ろした。
槇村にはそういうところがあった。空気を読めないのではない、あえて読まないのだ。
仕方が無いので撩もいつもの左隣に座ったら、冴子は槇村を挟んで右隣に座った。
仏頂面の新旧相棒に挟まれて、槇村は何故だか少しだけ楽しそうだった。





久し振りじゃん?ここで会うの。



撩は当たり前の如く、冴子の隣に座る。
こうして偶然会うことも無くはないけれど、随分久し振りのような気がした。
冴子はワンレングスの髪を耳に掛けながらメンソールの細い煙草の先に火を点けた。
たっぷりと肺に煙を送る間を取って、溜め息を吐くように煙を吐いた。
撩の酒をバーテンがテーブルに置いたのをちらりと見ながら、答える。


忙しいのよ、貴方達と違って。

へーへー、さいですか。野上警部。

やっと大きなヤマがひとつ片付いたの、息抜きよ。

ふーん。


相手も優雅に紫煙を燻らすので撩も遠慮すること無く、ジャケットの懐からソフトパッケージと火を取り出した。
バーテンは見逃すこと無く絶妙なタイミングで、灰皿を撩の前にも置いた。
槇村に連れられてここへ来た後、冴子も時々顔を出すようになった。
撩と槇村と冴子の3人で飲むこともあったし、撩1人のところに冴子が来ることもあった。
槇村と冴子の2人の時もあったのかもしれないが、
撩は別にそんなことはどうでも良かったのであえて聞いたことはない。
聞かなくても2人がただの元同僚同士では無いことくらい、察しがついた。
地味で冴えない風貌のくせに、槇村が意外と良い女にモテることはコンビを組んでみて撩が分かったことのひとつだ。

槇村が警察を辞めると言い出した時、冴子は激怒した。
槇村に対してというよりも、槇村がその頃夢中になっていた撩の存在にだ。
面識は無かったけれど、槇村の言葉の端々から何となく撩の存在は感じられた。
冴子の知っている槇村は、警察官という仕事に誇りと使命を感じて情熱を持って取り組んでいた筈なのに。
いつの間にか彼は、非合法で危ない橋を渡る素性の知れない男に心酔していた。
ほとんどの現場を一緒にコンビを組んでやってきた槇村に、冴子は否定された気持ちになった。
相棒としての感情とは別に、
男としても彼に惚れていたので冴子は公私の別無く彼に思い留まるよう説得を重ねた。
見知らぬ男に嫉妬して(そうあれは今思えば、嫉妬だった)批難する冴子に、槇村は困ったように苦笑した。


君を俺の人生に巻き込みたくないんだ。


けれどその言葉は優しさに見えて、酷く傲慢だと冴子は憤った。
そう思うのならば、警察を辞めるなどと言わずに何故今まで通りでは駄目なのか。
彼は自分の人生だと言うけれど、そこに他者の介在は端から想定していないように、冴子には聞こえた。
それに槇村には最も大切な存在があるじゃないかと思った。
嫉妬すら覚えるほどに恋人よりも何よりも最優先の、最愛の妹が。



じゃあ、どうして私と付き合ってるの?

好きだから。

香さんはいいの?彼女を巻き込むことにはならないの?



冴子がその質問をした時にだけ、槇村の表情にごく僅かな揺らぎが見えた。
いつもこうだ。彼の心を本当の意味で揺さぶることが出来るのは最愛の妹だけだ。
ほんの少し間が空いて、槇村は穏やかに微笑んだ。



香は良いんだ、アイツのことは。



冴子には槇村のその言葉の意味が解らなかった。幾通りにも解釈できる。
妹は兄のことを最も理解してくれているから良いということ?
妹はもう既に兄の人生の一部なので巻き込んでも構わないということ?
恋人よりも妹のほうが大切だということ?
冴子が感情と論理と嫉妬をごちゃ混ぜにして考えた解釈はそのどれもが的外れな気がしたけれど、
その全てが正解のような気もした。
槇村秀幸はわからず屋だった。
冴子が形振り構わず彼の人生の濁流に巻き込まれたいのだ、ということを全くわかっていないように見えた。
冴子はあの頃、撩にも香にも嫉妬していた。
槇村が大切に思っている全てに対して、嫉妬した。
警察を辞めると言われた時に、冴子の知っている世界の外に、
槇村にとって冴子よりも大切なものが出来たのだろうと不安になったのだ。






この間は私、お邪魔虫じゃなかったかしら?



そう言って冴子はからかうように、撩のリアクションを待った。
先日、協力を依頼した現場で冴羽商事の2人はいつもの様に完璧な役割を果たすと、
吹き晒しの外階段で肩を寄せ合って仲良く冴子の来るのを待っていた。
普段ならダルそうに表情の読めない顔で居るくせに、
何となくあの時の撩は冴子の登場に名残惜しそうな顔をしたのだ。
何事も無かったように振る舞っていながら、
直前まで撩が香の肩を抱き寄せていたことくらい容易に想像できた。
香が気付いているのかどうかは知らないけれど、最近の撩の変わり様は驚愕に値する。
そんな表情が出来たのね、というくらい香に対する感情を隠すことをしなくなった。
というよりも、出来なくなったというほうが正解に近いのかもしれない。



はぁ?何言ってんの?馬鹿じゃねーの?



言葉とは裏腹に、撩の耳朶の先がほんのりと朱く染まっているので説得力は無い。
手練れのスイーパーが色恋絡みでわかり易く動揺している様は、見ていて結構微笑ましい。



いつまでストイックに我慢してるのよ、さっさと手ぇ出しなさいよ。

別にそんなんじゃねぇし、なんか勘違いしてんじゃないの?

あら、勘違いかしら?そんな欲求不満みたいな顔してるから、てっきり悶々としてるのかと思ったわ。



冴子がこれ以上無いという華やかな笑顔を浮かべてそんなことを言うから、
撩は思わず無意識に己の頬を撫でて考え込んでしまった。
顔に出るくらい溜まってるか?と。
もしもそれが本当なら、結構事態は深刻だ。
確かにあの時、奥多摩の湖の畔で緊張と緩和の後のひとときを経て、
撩の気持ちはグラグラに揺らぎまくっている。
これまでと何ら代わり映えのしない香の一挙手一投足に、いちいち振り回されている自覚は大いにある。


槇村が警察を辞めて撩とコンビを組んで暫くしてから、冴子は撩を紹介しろと槇村に詰め寄った。
面白がるように槇村は、撩と自分の行きつけの店を冴子にも教え、2人を引き合わせた。
その3人の新しい出会いの後、槇村は冴子の部屋のベッドの中で煙草を吸いながら愉しそうに冴子に訊いた。




どうだった?アイツの印象は?

···んー、まぁ思ってたよりは、良い奴かな。



確かにそれは冴子の本当の感想だった。
冴羽撩は警戒心を隠そうとはしていなかったけれど、それほど感じが悪いわけでもなかった。
冴子が力んで奴を値踏みしてやろうという気持ち満々でその場に臨んだ勢いを、
なんだかよく解らない雰囲気で萎えさせた。
自分から大事な相棒を奪った男は、裏の世界の男だと聞いていたのとは裏腹に、
どこか憎めない少年ぽさを持った男だった。
不思議な透明感を持っていた。この世の何処とも何も繋がっていないような、浮世離れしたような。
槇村が彼を放っておけないと感じたのだろうことが何となくわかった。
きっと乳飲み子の妹が本当の家族から切り離されて、
宙ぶらりんになったのを放っておけなかった頃のことのように。
冴子の現相棒への評価を聞くと、槇村は嬉しそうに笑ってもう一度彼女をベッドに組敷いた。
口付けは煙草の味がした。



君なら、わかってくれると思ってた。



槇村が法の枠から外れて裏の世界に足を踏み入れることを、冴子には止めることが出来なかった。
それならば、彼と離れない為には冴子自身がそれ相応の覚悟を決めるしかなかった。
冴子は彼が大切だと思っている自分以外のもの全てに嫉妬をしていたのに、
当の槇村は無邪気に冴子を大切にしてくれた。
まんまと冴子は彼の濁流に巻き込まれてしまったし、覚悟していた未来が現実になった。





新宿の種馬が形無しね。



冴子が完全に面白がって笑っている。
冴子だけじゃない。
ここ最近、撩と香を取り巻くお節介な連中全員が同じように思っていることなど、撩も重々知っている。



手ぇ出したら、槇ちゃん化けて出てくるだろ?祟られるなんて勘弁だしな。



冴子は会話の中で一言も香の名前を出さずにいたのに、撩が香のことを話すのは即ち。
全て認めているということだ。
撩ほど頭の良い男がこんな誘導尋問に引っ掛かる訳は無いので、
暗黙の了解として色恋沙汰を否定する気は無いのだろう。



良いんじゃないの?槇村の口癖忘れたの?

口癖って?

俺の幸せは妹が幸せになることだ、って。

ぁああ、言ってたね、そう言えば。



撩と香にはこれまでの誰にも分かち合えない2人だけの絆と歴史がある。
それと同様に、撩と槇村にも、槇村と香にも、槇村と冴子にも、そして撩と冴子にも。
過ごした時間の分だけそれぞれが分かち合う記憶がある。



香さんの幸せは貴方のそばにしか無いわ。



冴子には解る。
自分が槇村秀幸のそばに居ることに幸せを見出だしていたように、香はきっと撩のそばに居たい筈だと。


そうかな。

そうよ。



男はわからず屋だ。他人の幸せを勝手に自分の尺度で測ろうとする。
冴子は結局、秀幸の人生に好き好んで巻き込まれたし、彼を喪った。
冴子には未練と想い出以外に彼に纏わるものは何も持たないけれど、それで充分幸せだ。
伴侶を得て家庭を持って責任を伴う幸せも勿論あるけれど、
何も持たない自由さが生み出す幸せだって幸せには変わらない。



ていうか相棒の座は貴方に譲ったんだから、もうそろそろ槇村のこと独占させてくれないかしら?



この先永遠に彼の想い出という呪縛に捕らわれているのは、自分だけでいい。
彼の妹にも彼の相棒にも嫉妬せずに、冴子はただ穏やかに今を楽しんでいる。



関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swimrec.blog.fc2.com/tb.php/934-42769ade